20代の障害者枠転職のコツ!自分らしく働くためにプロが教える5つのポイント

20代の障害者雇用枠で就職・転職を目指す方は注目! 転職活動をする際には実は年齢や経験によって対策のポイントが異なることはご存知ですか?
今回はDIエージェントのキャリアアドバイザーがプロの目線で「20代の働き世代」ならではの不安や悩みについて、豊富な事例と共にお答えしていきます。

20代・障害者雇用枠就転職のリアル~陥りがちな3つの悩み~

まずは「20代の転職」は有利か不利かについて考えてみましょう。

30・40代の「リーダークラスの即戦力が欲しい」と考える企業もいる一方で、「若くてバイタリティがあり、柔軟な考え方をもつ若手を自社で育てていきたい」と考える企業も少なくありません。
20代で転職を考えていたらぜひチャレンジしてみましょう!

 
CA

障害をお持ちの方…特に身体障害者の高齢化が進んでいます。定年を迎え退職する方が増える中、「長く働いてくれる若手が欲しい」と企業は考えています。

一方で働く人にとってはどのような悩みや不安があるのでしょうか?

  • スキル不足で仕事が見つからない
  • 働き始めてみたら仕事が合わない、社風が合わない
  • 頑張っているが将来が見えない、やりがいが感じられない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

参考:厚生労働省『令和3年版 障害者白書』

スキル不足で仕事が見つからない

学校を卒業後、障害や様々な事情により「仕事に就けない」という方が一定数いらっしゃいます。新卒の就職活動を一人で進めていると時にハンディを感じることもあるでしょう。

また「フリーターを続けているが安定した仕事に就きたい」との思いからご相談にいらっしゃる方も少なくありません。

 
CA

このように働いた経験が乏しい場合は「未経験OK」のお仕事を探すと良いですよ!

高収入や採用実績から選ぶ障害者雇用枠専門の求人サイトBABナビの入口

働き始めてみたら仕事が合わない、社風が合わない

「立ち仕事が多く、通勤ルートなども身体に負担がかかった」「聴覚過敏があるのに騒がしいオフィス環境で仕事に集中できない」など実際に働いてみないと分からないことはたくさんあります。

また就職をしてから、特性に合わない仕事を任されミスを繰り返したりコミュニケーションがうまくとれず心身のバランスを崩したりして障害が発覚する「大人の発達障害」も知られるようになっていますね。

 
CA

また障害を開示して働いても「配慮が少ない」「差別意識を感じる」といったこともあるようです。

関連記事

みなさんは「障害者枠で働く」ことにどんなイメージを持っていますか? D&Iでは現在就職・転職を検討や活動されている障害をお持ちのみなさまにアンケートを実施しました。 「周りの障害をお持ちの当事者はどのように転職活動を進めているの[…]

D&Iアンケート調査「障害者雇用枠で働くイメージと実際に働いたことのある方の声を調査」

頑張っているが将来が見えない、やりがいが感じられない

残念ながら障害者雇用枠においては、能力を問わず一括りに評価制度や給与テーブルが決められている企業があるのも事実です。
またもっといろんな仕事に挑戦したいと思っても、決められた仕事しか与えられず、キャリアを積んでいけないとお悩みの方も多くいらっしゃいます。
こうなるとやりがい・働きがいが感じられず、モチベーションが下がってしまいますよね。

 
CA

そのような時は転職をして給料アップ・キャリアアップを目指すのも手段の一つです。

20代で障害者雇用枠転職を目指す方に伝えたい5つのポイント

それではこのようなお悩みをどのように解決すればよいでしょうか?20代で転職活動をする場合の5つのポイントがこちらです。

  1. 専門エージェントを利用する
  2. 優先順位をつける
  3. 人柄や基本的なマナーが重要
  4. 在職歴がアピールポイントになる
  5. 二次障害を防ぐ

\基本的な就職・転職活動の要点はこちらからチェック/

関連記事

障害をお持ちの方が就職・転職活動を進めていく場合、一般的な就職・転職活動とは違ったポイントがあります。 今回は活動のポイントや基本的な就活の流れ、コロナ禍における最新の状況もふまえてお伝えします。 「障害を開示して、今より自分らしく働き[…]

障害者の就活・転職活動時に注意するべきポイントは?就活の流れも合わせて紹介

専門エージェントを利用する

障害者雇用枠の情報はなかなか表にでてくることはありません。また一般的なエージェントに登録しても、障害の専門知識がないために的外れな求人を紹介されてしまう恐れがあります。
障害をオープンにして、特に障害者雇用枠での転職を考えているのであれば障害者枠専門のエージェントに登録するのが転職成功の近道です。障害と転職市場の専門知識を持ったキャリアアドバイザーが皆さんのキャリアのご相談にのります。

 
CA

自力では見つけ出せない隠れ優良企業の障害者枠求人を保有していることも……!


DIエージェントの完全無料キャリア相談に申し込むボタン

優先順位をつける

「職歴がない」「短期離職を繰り返している」などといった場合、必ずしも全ての希望条件が叶うような職場が見つかるとは限りません。
「今回の就職・転職で叶えたいことは何か?」を整理して、キャリアの軸を考えましょう。

 
CA

たとえば、今回の転職で叶えたいのは「心身に負担をかけずに安心して働けること」。ならば、「なるべく家から近く」「残業時間の少ない職場」を探して、「高年収」の優先順位は少し下げて仕事を探してみよう…と考えることができますね。

人柄や基本的なマナーが重要

20代で輝かしい実績や豊富なマネジメント経験を持つ方は少ないでしょう。企業もポテンシャルを重視して採用をします。
採用担当者は組織の中で周りと連携を取りながら仕事を進められるような人柄や協調性や、挨拶・言葉遣いといった基本的なマナーを見ています。

 
CA

意外と気が抜けがちな「面接での身だしなみ」や「企業からお知らせには早めに返事をする(報連相)」といったことにも気を付けましょう!

3年未満で辞めない方が有利? 在職歴がアピールポイントに

「最低3年以上同じ会社で勤めた方が良い」というイメージは未だ根強く残っています。
特に障害をお持ちの方は1年未満の短期離職の割合が50%以上との統計データもあります。
そのため、1社で長く安定して勤務しているだけでも採用担当者にとってはプラスの印象を与えられます。

また就職・転職はタイミングが大切です。
たとえば、アベノミクスや新型コロナウイルス感染症の大流行など、時期によって大幅に求人が増減することもあります。好機は逃さないようにしましょう!

 
CA

少しでも「転職しようかな」と思ったタイミングでエージェントに登録してみるのがオススメ! また在職中から転職活動を始めておくと安心です。

関連記事

新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言が発令された今年4月以降、転職市場において求人数は大幅に減り、一気に買い手市場に変化したといわれています。一般枠・障害者枠いずれも採用そのものの停止や、選考の停滞が見られるようになりました。そのよう[…]

withコロナ時代の障害者転職のポイント ~求人への応募の仕方編~

二次障害を防ごう

「在職歴の長さはPRになりうる」とお伝えしましたが、無理をしながら現在のお仕事を続けるのはおすすめしません。無理をしすぎてうつ病などのメンタル疾患を発症してしまうと、その後の転職活動にも響きますし、何よりみなさんの心身の健康に勝るものはありません。これを二次障害といいます。

\二次障害から復活!転職事例はこちら/

関連記事

DIエージェントを通じて転職に成功した皆さんのエピソードをご紹介します。 今回は、Tさんの転職エピソードです。 プロフィール Tさん 男性(26歳) 障害:聴覚障害、解離性障害 経験:管理部門のアシスタント事務[…]

障害発症、休職、1年半のブランク。壁を乗り越えて内定を勝ち取った転職活動 [転職成功事例 Vol.1]

次からはさらに詳しくシチュエーション別のポイントをお伝えします。

新卒・既卒のポイント|初めての就職

「学校を卒業して」または「アルバイト経験しかない」状態から、安定して長く働くために障害者雇用枠を目指される場合でも基本の就職活動と変わりはありません。
新卒・若者向けのハローワークや学校推薦なども利用して可能性を広げていきましょう。

 
CA

ただし新卒を募集していない企業もあるので注意です!

関連記事

障害をお持ちで新卒就活を控えているみなさんに、障害者雇用枠というルートをご案内します。新卒の場合の就活スケジュール、一般雇用との違い、大卒障害者の就活動向や、相談できる場所までキャリアアドバイザー(CA)が丁寧に解説します。なかなか手に入り[…]

障害学生の新卒就活

真面目さをアピール

既にお伝えした通り、若い世代の採用はポテンシャルや人柄重視でおこなわれます。
斜に構えるのではなく、フレッシュに前向きに真面目に会社に貢献したいという気持ちをアピールしましょう。

 
CA

「客観的にどう見られているか?」は自分で気づきづらいもの。ぜひキャリアアドバイザーによる面接対策を受けてみてくださいね。

関連記事

2021年の春もDIエージェントをご利用いただき、障害者枠への就職・転職を成功された方がたくさんいらっしゃいました。 この時期ならではの新卒就活(21卒)の成功事例、また公務員としてのキャリアを歩まれていた方の事例などもご紹介いたします。[…]

2021年4月障害者雇用枠内定者速報TOP新卒や公務員からのキャリアチェンジ特集

20代前半のポイント|初めての転職

20代前半で転職を考えるということは、何かしら今の会社とのミスマッチがあったのではないでしょうか。また一般枠で就職したものの、働き方が合わずに初めて障害者雇用枠を検討される方が多いのも20代前半の転職の特徴です。
課題を自分の中でも明らかにして、次のステップへ進みましょう!

\仕事も人間関係もミスマッチ…「障害者枠」への転職を決意/

関連記事

DIエージェントを通じて転職に成功した皆さんのエピソードをご紹介します。 今回は、Yさんの転職エピソードです。 プロフィール Yさん 女性(24歳) 障害:発達障害(ADHD) 経験:自動車関連企業での店舗スタ[…]

「今は自分のペースで働けています」初の障害者枠での転職経験談 [転職成功事例 Vol.2]

自己理解と障害説明

現職でうまくいかなかったことを整理してみましょう。それは障害のためにできないのか、工夫の余地があったのかを分解して考えます。
また障害者雇用枠の選考では必ず「障害について」の説明が求められます。

また「業務上できないこと・難しいこと」、それに対して「自己対処できること」、自力ではカバーできないために「会社に求める必要な配慮」を分かりやすく伝えます。

 
CA

それらの整理のお手伝いもDIエージェントではおこなっております。

関連記事

障害をお持ちの方が働くため大切なのは「障害の自己理解」です。そして障害をオープンにして働く場合、職場で共に働く人に適切に「伝える」スキルも必要です。 この記事では「障害を理解して自分らしい働き方をしたい」「初めて障害者雇用枠で企業を受ける[…]

障害理解・自己分析の方法と便利なツール
関連記事

「ナビゲーションブック」とは、障害をお持ちの方が自分の特徴や特性、対処法や配慮してほしいことをまとめたもので、働きやすい環境づくりに役立ちます。ナビゲーションブックを作成することで自分の特性に向き合えたり、企業からサポートを受けやすくなった[…]

20代後半のポイント|何度目かの転職

社会人経験を重ねてきて、自分の志向や強みも段々と理解してくる時期かと思います。5年先、10年先を見据えてキャリアの軸を固められると良いですね。

退職理由や今後のキャリアプランを整理する

短期離職が続き転職を繰り返している方は、何が原因だったのか、またその原因を避けたり乗り越えたりするには何が必要かを整理しましょう。退職理由は面接でもよく聞かれる質問です。

あわせて、未来志向で「今後はどうしていきたいのか」、そのために具体的に自分は何をすべきかのビジョンを明確にしていきます。

 
CA

キャリアパスが用意されているかは面接の中で「正社員登用はありますか?」「どのようなキャリアのパターンがありますか?」などと確認しましょう。もちろんエージェントを通じて聞くのもOKです。

関連記事

実は一般枠よりも障害者枠の方が、転職回数の多さが選考で不利になりやすいということをご存知ですか? 本記事では、障害者枠で転職活動をしていて「自分は転職回数が多いのでは?」と気になっている方向けに、転職回数の多さによって選考で不利にならない[…]

転職回数が多いと障害者枠では不利になりやすい?対策と退職理由の伝え方を紹介
関連記事

障害者の方が就職や転職をする際には、面接をクリアしなければなりません。障害者雇用の面接で、何を聞かれるのか分からなくて不安という方も少なくありません。この記事では、障害者の方の面接の受け方や、具体的な質問内容、答え方のポイントなどを紹介しま[…]

障害者雇用の面接で聞かれることは?質問例と回答のポイントについて解説します

20代の転職成功事例から学ぶ

それでは実際にDIエージェントを通じて転職を成功された20代の方々のエピソードを紹介します。

 
CA

様々な障害をお持ちの方のサポート実例あり!専任のキャリアアドバイザーが内定までしっかりサポートしています!

20代前半(男性/知的障害)のケース

4年勤続でも昇給ナシ→年収+60万円!キャリアが拓ける大手企業へ

特別支援学校をご卒業後に新卒で前職に入社。しかし、4年間勤続しても年収が180万円程度のまま、なかなか昇給が見込めないことから転職活動を開始されました。
エージェントを利用し、年収は240万円にアップ、さらにより様々な仕事を任せてもらえる大手コンサル会社へ内定を決めました!
クリックして詳細を読む

 

 
CA

「障害者枠だから年収が低い」「キャリアアップはできない」と諦めないでくださいね。活躍できる企業は必ずあります!

20代半ば(女性/社交不安障害)のケース

一般枠から障害者枠でも条件アップ!地方転職はエージェントを頼るべし

転職のきっかけは多くの同僚がリストラされていることに危機感をもったこと。他社で通用するようなスキルや経験もあまり身につかないと感じていたそうです。「停滞し続けてもあまりメリットはない」「第二新卒としてキャリアチェンジするならこのタイミングだ」と判断し、転職を決意。エージェントの後押しもあり、一度は書類選考で落ちた憧れの有名企業で働けることになりました!
クリックして詳細を読む

 
CA

クローズ就労から初めて障害者枠に挑戦され、年収アップも叶えられました!自己理解の深さが内定のポイントでした。

関連記事

はじめに 厚生労働省のデータによると、障害者の平均賃金は月給で約14万円。全国の労働者(障害者・健常者で区別しない場合)の平均賃金30万6千円(*)に比べ、低い金額となっています。 また、みなさんもハローワークやインターネットで障害[…]

一般枠から障害者枠への転職では年収が下がるって本当?転職の成功例・失敗例を紹介

20代後半(男性/統合失調症・発達障害)のケース

就労移行で自信をつけて、在宅勤務でリスタート!

新卒で入社した会社の環境から統合失調症を発症、働きづらさの原因には発達障害があったことも分かりました。障害者手帳を取得し特例子会社へ転職するも必要な配慮が受けられないとお困りの中、DIエージェントに登録いただき、連携先の就労移行支援「ワークイズ」で体調管理と在宅勤務のための訓練を開始しました。
実践的な内容で自信を取り戻し、転職活動も成功! 安心して働ける在宅勤務を叶えられました。
クリックして詳細を読む

 
CA

体調やキャリアに自信がない方は、まずは就労移行支援を利用するのもオススメです!

関連記事

障害者のための「就労移行支援」を知っていますか? 就職・仕事の復帰に向けた準備ができ、条件によっては無料で受けられるサービスです。今回は「就労移行支援」の制度や基礎知識についてやさしく解説していきます。 就労移行支援とは 就労移行支[…]

就労移行支援の解説記事TOP
関連記事

就労移行支援事業所の通所を考えている方。どのようなポイントで施設を選びますか? 通いやすさ、プログラムの内容や雰囲気や支援員との相性…… より良い就職のために自分にマッチした事業所選びは欠かせません。 さらに最近では在宅訓練も可能な事[…]

就労移行支援事業所ワークイズのレポート記事

エージェントをうまく利用して悔いのない選択を

コロナによって一度は落ち込んだ転職市場も再び活況を取り戻しつつあり、在宅の求人の増加など皆さんの活躍のチャンスは確実に広がっています。

20代の若い力を求めている企業はたくさんあります。ご自身の障害や強みを整理して、理想の働き方を叶えましょう。DIエージェントが応援いたします!

監修:高橋 平
障害者雇用コンサルタント、キャリアアドバイザー。早稲田大学卒業後、(株)D&Iに入社。 障害者雇用ソリューション営業、転職キャリアアドバイザーと幅広い領域を担当。現在はHRソリューション事業部の副部長として、DIエージェントの責任者を務める。

あなたに寄り添い、導く転職エージェントサービス
DIエージェント