障害者枠でハイキャリアを目指す!転職エージェントが教える戦略的キャリアの築き方

障害をお持ちでも「ハイキャリアを目指したい」、特に「年収500万円や年収1,000万円以上の高年収を目指したい」とお考えの方へ。DIエージェントがこれまでのご支援事例を基に戦略的なキャリアの築き方をお伝えします。エージェントを賢く利用すれば「飛躍的なキャリアアップ」も夢ではありません!

障害者枠のハイキャリアとは?~定義・年収・特徴~

障害者雇用枠の働き方は、一般的に「給料が低く、仕事の幅・キャリアも限られてしまう」といったイメージがあるのではないでしょうか?
しかし、障害者雇用枠においてもハイキャリア人材として能力を活かして働くことは可能です。

 
CA

配慮を受けながらキャリアもあきらめない! そんな働き方を叶えましょう。

ハイキャリアとは

ハイキャリアに明確な定義はなく、人それぞれ思い描く姿は異なるでしょう。

  • 高年収
  • マネジメントができる管理職・エグゼクティブ(役員) または
  • ハイスキルをもつ専門職

このようなイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。

 
CA

経験や特性を生かし、クローズ就労でハイキャリア転職や自ら事業を起こす方もいらっしゃいますね。

関連記事

ネットの情報を見ると「障害者雇用枠は年収が低い」「障害を持っていると年収アップを目指しにくいのでは?」という印象を持ちやすいかもしれません。ですが、ポイントをつかめば年収500万円を目指すことは十分可能です。 この記事では、年収500万円[…]

障害者雇用枠でも年収500万円は目指せる?平均給与・必要スキル・高年収を稼ぐコツも紹介

年収500万円以上?障害者枠でも年収1,000万円は目指せる!

「ハイキャリア」の要素である年収面のリアルを知るために、まずは雇用されている障害者全体の一か月あたりの平均賃金を見てみましょう。

  • 身体障害 215,000円
  • 知的障害 117,000円
  • 精神障害 125,000円
  • 発達障害 127,000円
参考:厚生労働省職業安定局「平成30年度障害者雇用実態調査結果」

ここから、たとえば「身体障害をお持ちの方の平均月収×12ヶ月」で年収約250万円。賞与を加味しても300~350万円程度が平均的な年収と推測できます。

また国税庁の「令和2年分 民間給与実態統計調査」によれば、日本全体の平均給与(年収)は433万円だといわれています。
※平均給与は男女差や雇用形態(正社員・非正規雇用)、地域の違い、短時間勤務などは考慮されていないのであくまで参考程度にしてください

障害者雇用枠ではこれらの平均給与以上を稼ぐ年収500万円以上はハイキャリア層だと考える方が多い傾向にあります。

 
CA

なかには障害者雇用枠で年収1,000万円以上稼がれていた方もいらっしゃいますよ。

実際に年収1,000万円以上を稼がれていた方のエピソードはこちら▼

関連記事

DIエージェントを通じて転職に成功した皆さんのエピソードをご紹介します。 今回は、Aさんの転職エピソードです。 プロフィール Aさん 男性(46歳) 障害:直腸機能障害 経験:計3社で経理10年、人事(報酬管理[…]

障害者枠でも高年収は可能。年収1,000万のハイクラス人材が語るキャリア形成と転職活動 [転職成功事例 Vol.3]

障害者枠のハイキャリアの特徴

障害を開示して働く場合、前提として「どのような時に体調を崩しやすいのか?」「それを防ぐために自己対処はどうしているか」を把握し、適切にヘルプを出せることが求められます。
どんなにスキルが高くても、自分の中で障害を受け止め切れていない・理解しきれていないと障害者雇用枠就活においては不利になります。
企業としては健康を害することなく能力を発揮して働いてもらいたいと考えているからです。

その他、障害者雇用枠でハイキャリア人材と言われる方々の傾向を挙げてみました。

  • 業務経験が豊富で強みとなるスキルがある
  • 管理職・エグゼクティブ
  • 専門職(IT職など)
  • 語学力(英語など)

業務経験が豊富で強みとなるスキルがある

ハイキャリア人材は「即戦力」としての活躍が期待されています。また、障害者雇用枠においては、適切な配慮が提供できるよう、業務範囲が明確な働き方(ジョブ型雇用)であることも多いです。
「コツコツと高度な専門スキルを積み続けてきた」や「幅広く業務に携わってきたゼネラリストとして活躍した」といったPRポイント・強みを持っていると良いでしょう。

 
CA

一般的な障害者雇用枠の「安定した勤怠が見込める」「指示された業務を正確に遂行できる」より一歩進んだ採用基準になります。

管理職(エグゼクティブ)

求人数自体は多くはありませんが、「管理職」ポジションも募集をされていることがあります。
また、現在在職中の方はキャリアコースとして「リーダー職・管理職が目指せるのか」を確認しておくと良いでしょう。

 
CA

「上級管理職(エグゼクティブ)」として、IPO(上場準備)のような責任ある仕事を任されるようなポジションもありますよ!

関連記事

人生100年時代。働かれる方はどなたでも定年退職後をも見据えたキャリア設計が必要となってきました。 今回の内定者速報は、定年後のセカンドキャリアとして「障害者枠でこれまでの経験を最大限活かし、働きがい溢れる一社と巡り合えた」Kさんのエピソ[…]

専門職(IT職など)

専門職としてキャリアを築いていくパターンもあるでしょう。特に人手不足が続くIT職は障害者雇用枠であっても一定数の募集があり、高給を目指せる可能性も高いです。

関連記事

障害者枠雇用でもIT人材の求人はたくさん。これからもIT需要は続き、将来性の高い業界です。 この記事では、障害者枠でIT業界への転職を考えている人に向けて、業界の分類、主な職種、年代別の対策や転職を成功させるポイントを解説していきます。 […]

障害者雇用枠のIT業界・職種、転職成功のコツについて徹底解説

語学力(英語)

語学力を生かして働かれる方も多くいらっしゃいます。
翻訳・通訳業務といった職種を目指すことにくわえ、大手グローバル企業・外資系企業での活躍も期待できます。

高学歴・翻訳業務に就かれた方もいらっしゃいます▼

関連記事

障害者枠雇用でもIT人材の求人はたくさん。これからもIT需要は続き、将来性の高い業界です。 この記事では、障害者枠でIT業界への転職を考えている人に向けて、業界の分類、主な職種、年代別の対策や転職を成功させるポイントを解説していきます。 […]

障害者雇用枠のIT業界・職種、転職成功のコツについて徹底解説

ハイキャリア人材になるためには

ハイキャリア人材を目指すためには大きく2つのルートが考えられます。

  1. 自社でキャリアを積む
  2. 好条件の会社に転職する

自社でキャリアを積む

まずは就職した会社でキャリアをコツコツと積んでいくことが考えられます。
教育やキャリア形成支援がしっかりと組まれ、キャリアコースが用意されている企業もあります。異動願などを出して、希望のキャリアを叶えることもできるでしょう。

好条件の会社に転職する

「何年経っても反復作業が中心」「キャリアパスが用意されていない」といった会社に長く滞在していても、なかなかキャリアを切り拓くことはできません。一定の経験を積んだら思い切って転職をしてキャリアアップを目指すことも良いでしょう。

 
CA

この時、職種や業界をコロコロと変えるのではなく、「軸」を定めて戦略的に転職をすることをオススメします。

障害者枠でハイキャリアを目指せる企業

ではどのような企業を目指すのがよいでしょうか。障害者雇用枠での採用に積極的で、ハイキャリアも目指せる企業の一例を示します。

  • 外資企業
  • 日系大手企業
  • 勢いのあるベンチャー企業
 
CA

それぞれ雰囲気に大きな違いがあります。どこに社風がマッチするかも考えてみてくださいね。

外資系企業

外資系企業は給与が高めに設定されていることが多く、また実力・スキルが給料に反映されやすいといわれています。歩合給(インセンティブ)・年俸制(賞与なしの年収ベース)など独自の給与体系をもっていることがあります。

 
CA

一方、評価に対してシビアな一面もあります。

日系大手企業

日系大手企業もキャリアを築く上では魅力的です。見かけでは外資系企業より年収が低く感じることもあるかもしれませんが、「住居手当」や「退職金」といった福利厚生面が手厚いことも多く、生涯賃金の高さは引けを取りません。

 
CA

必ずしも「有名企業」を指しません。キャリアが築ける隠れ優良企業を見つけましょう。

勢いのあるベンチャー企業

いわゆるユニコーン企業といわれるベンチャー企業や「東証グロース(旧:マザーズ)上場企業」「上場を目指している」といった企業も人気です。

 
CA

風通しが良く、働き方も柔軟な傾向にあります。テレワークに積極的なことも!


DIエージェントで在宅ワークを紹介してもらう申し込みボタン

転職エージェントサービスの利用が近道

ここでお伝えしたいのが、ハイキャリアを目指すなら転職エージェントの力を借りることをおすすめしたいということです。障害をお持ちであれば障害者雇用専門エージェントのプロへぜひ相談してみてください。

理由としては、「採用にお金をかけてでも優秀な人を採りたい」と考える優良企業のハイキャリア求人は、無料で採用ができるハローワークでは見つかりにくい傾向にあるからです。

また、専門の転職エージェントは様々なご支援例から障害への深い知識があり、障害者採用担当者・現場担当者が気にするポイントをおさえ、一人ひとりに合ったアドバイスができるためです。
その中でもDIエージェントの場合を利用した場合のメリットは…? 詳しくお伝えします。

関連記事

障害者枠で転職を検討中の方の中には、ハローワーク、求人サイト、転職エージェント等、色々な手段がある中で、何をどう活用したらいいか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 本記事では、その中でも特に転職エージェントをおすすめする理由[…]

障害者枠での転職はエージェントを利用すべき?メリット・注意点を含め解説!

非公開求人&求人開拓

DIエージェントでは企業様から信頼を得てお預かりしている「非公開求人」を数多く持っています。こちらは原則、ハローワークだけではなく企業の採用ページや求人サイト上でも見つかりません。

「非公開求人」とは一般的に「採用をしたい会社から依頼を受けてエージェントのみが求人を保有しており情報が公開されていない・誰もが見ることができない求人」を指します。
引用:DIエージェント「【見本あり】非公開求人とは?障害をお持ちの方のための非公開求人のメリット・活用方法を解説」

「有名企業のため」または「好条件のため」などの理由から応募が殺到してしまうことを避けられるのです。非公開求人はそれだけ魅力の高い求人が多く眠っていることになります。
市場に求人が出回っていない場合も、みなさんのご経験をもとに企業に対して求人開拓も随時おこなっております。

関連記事

求人サイトでよく見る「非公開求人」…この意味やメリットを知っていますか? この記事では、非公開求人とは何か、障害をお持ちの方向けの求人の有無についてわかりやすく解説していきます。 上手な非公開求人の探し方や応募時の注意点などもお伝えしま[…]

障害者雇用枠の非公開求人とは

すぐに転職する気がなくても相談OK

またDIエージェントでは障害をお持ちの方のキャリアを応援するため、すぐに転職しようと思っていない方からのご登録も承っております。
障害者雇用枠の市況をよく知るキャリアアドバイザーとカウンセリングをおこない、キャリアの棚卸しやこれからのキャリアプランを作りましょう。
「障害者雇用枠が良いか、一般枠にすべきか迷っている」といったご相談も歓迎です。

 
CA

みなさんの志向・これからの人生を考えて、無理に転職を勧めることはせず、時として「このまま今の企業に残った方が将来的な年収が高くなりますよ」といったアドバイスもしています。


DIエージェントの完全無料キャリア相談に申し込むボタン

障害者枠のハイキャリア転職に強いDIエージェントが教えるポイント

エージェントをうまく活用しながらキャリアを切り拓いていきましょう。「ハイクラス転職をしよう」と考えたときのエージェントの活用ポイントをまとめました。

  1. カウンセリングでキャリアの棚卸しをする
  2. 非公開求人の案内や求人開拓をしてもらう(紹介)
  3. 職務経歴書の添削は抜かりなく(書類選考対策)
  4. 傾向を教えてもらう(面接対策)
  5. より有利な条件が叶うよう交渉してもらう
 
CA

エージェントは「賢く使い倒して」ください♪

1.カウンセリングで棚卸しをする

多くのエージェントでは登録後、キャリア面談を実施します。
そこでは、ご自身の障害のことに加え、どのようなスキルをお持ちで、今後どうしていきたいかなどの整理・棚卸をいたします。「自分が働く上で何を大切にしたいか?」「ハイキャリアを目指したい理由はなぜなのか」などがクリアになります。

 
CA

キャリアのプロと話をすることで、ご自身でも気づかなかったPRポイントが見つかるかもしれません。

2.非公開求人の案内や求人開拓をしてもらう(仕事探し)

在職中の場合、お忙しい方も多いでしょう。エージェントに登録しておけば、面談でお伺いした希望を元にマッチするお仕事をご紹介いたします。
DIエージェントでは好条件の非公開求人から特別にオファーを出したり、求人開拓をおこなったり、企業からスカウトのような形でお声がかかることもあります。

 
CA

すぐに転職をする気がなくても、「条件の良い求人が出たら紹介してください」とお知らせいただければOK! 効率的に転職活動を進められます。

3.職務経歴書の添削は抜かりなく(書類選考対策)

これまでたくさんのご経験を積まれてきたことかと思います。そのPRは履歴書・職務経歴書・自己紹介書などでしっかりとおこないましょう。
ご経験について、「採用担当者/現場担当者/役員・管理職の視点で伝わるか?」をキャリアアドバイザーがチェックし、改善点をお伝えします。

 
CA

障害説明も企業目線で「伝えるべき内容」や「伝わりやすい表現」となるように添削いたします。

関連記事

就職活動をする時に必要となる応募書類のひとつ「履歴書」。障害者雇用枠への応募用の履歴書を作成する際は、基本情報や学歴・職歴のほか、障害や必要な配慮について書くのがポイントです。 この記事では、サンプル・ダウンロードできるフォーマット付で詳[…]

障害者雇用枠での履歴書の書き方
関連記事

転職活動で必要な「職務経歴書」。 履歴書のようにフォーマットが決まっていないため、「書くのが難しい」と感じる方も多いと思います。 今回は基本的な職務経歴書の書き方を「サンプル」や豊富な例文をもとに解説。初めての転職や職歴に自信がない方で[…]

障害者転職のプロが教える職務経歴書の書き方

4.傾向を教えてもらう(面接対策)

DIエージェントの面接対策では「この企業はどのようなことを重視するか」「これまで面接でどんなことが質問されてきたか」などの傾向と対策をお伝えし、模擬面接も実施します。

 
CA

自身では気づきづらい「なぜ落ちたか/受かったか」ともエージェントからのフィードバックによって分かります。

関連記事

「面接の流れが分からない」「面接では緊張してしまってうまく受け答えできない」と悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか?この記事では、障害者の方が面接に行く際の注意点などをマニュアル的にご説明しています。また、「面接当日までに準備してお[…]

障害者の方に向けての面接マニュアル 面接時までに準備しておくと良いことなど紹介します

5.より有利な条件が叶うよう交渉してもらう(内定~内定後)

場合によっては、合理的配慮や年収・勤務形態など希望の条件が叶うよう企業側と交渉や仲立ちをいたします。

 
CA

DIエージェントではこれまで障害特性について充分な理解を得られるようご内定先の企業に対して説明会をおこなったこともありますよ。

障害者枠×ハイキャリア転職サポート事例

実際にDIエージェントでハイキャリア転職をされた方はどのように成功されたのでしょうか? 事例を見てみましょう。

Aさん(40代男性/下肢障害)

ご就職先:機器メーカー/情報システム部門(正社員)

大手企業にお勤めだったAさんはこれまでも第一線でキャリアを積まれてきましたが、ライフイベントの変化(子育て・高齢のご両親のサポートなど)に備え、年収アップが必要に感じていました。

障害者枠のハイスキル求人のご紹介に強いDIエージェントからは有名企業・外資系企業など複数社を紹介でき、最終的にAさんは大手上場企業の内定を勝ち取りました。
こうしてAさんは年収アップや在宅勤務を含むフレキシブルな就業も叶えられたのです!

明るく朗らかなお人柄から、コミュニケーション力を活かしてさらなるお仕事が任せてもらえる職場へのご転職を決められました。

 
CA

管理職を狙う場合は特に「経営者や部下と円滑にコミュニケーションが取れるか?」といったお人柄面もかなり重視されるのです。

より詳しい内容はこちらから読めます▼

関連記事

まだまだ先の見えない現状ですが、障害者枠の転職市場は変わらず活発です。 今回はDIエージェントを通じて2020年12月に内定・転職を成功された方のエピソードをご紹介します。 キャリアアドバイザー(CA)によるメッセージや転職成功のポイン[…]

2020年冬の障害者枠雇用の転職成功事例集TOP

障害者枠×ハイキャリア求人例

実際にどのような求人があるのか、DIエージェントの姉妹サイトである「障害者雇用枠専門求人サイト BABナビ」より求人例を少しだけお見せします!

オープンポジションでも!テレワーク制度ありの超有名企業のグループ会社

超有名企業のオープンポジション非公開求人
▲クリックすると求人詳細が見られます(外部サイト:BABナビ)

こちらは社名非公開求人ですが実は誰もが知る有名企業のグループ会社。年収も高めに設定されており、賞与は年4回・最高年収900万円以上も目指せる求人です。

「障害のために何ができないか?」と考えるのではなく、オープンポジションで「これまでのスキルや能力を元に十分に発揮してほしい」という考えをお持ちの企業様です。テレワークにも理解ありの先進的な企業でビジネスのトップを走りましょう!

◆クリックしてarcserve Japan 合同会社の求人の求人を見る◆

上場企業の管理職候補の非公開求人

年収1000万円もでる障害者雇用の枠の社名非公開求人
▲クリックすると求人詳細が見られます(外部サイト:BABナビ)

こちらもITのスペシャリストとして、さらにコンサルタントとして高いコミュニケーション能力が求められます。IT人材は需要が高く、年収1,000万円も夢ではありません。
経験はこのように細かく定められているのもハイキャリア人材求人ならではです。

必須条件:
・SAP導入プロジェクト経験概ね3年以上(FI/PP/SD/MMほか)
もしくは、ABAP設計・開発経験概ね3年以上
・基本的なビジネスマナーがあること
歓迎条件:
SAP S4/HANAの認定資格(FI/PP/SD/MMほか)

賞与は約5ヶ月分、退職金制度ありの上場企業で安心して長く働けます。

高収入や採用実績から選ぶ障害者雇用枠専門の求人サイトBABナビの入口

高みを目指すならぜひ一度エージェントご相談を!

障害者雇用枠は人材育成体系が整備された大手企業の募集が多いのが特徴です。時として一般枠で就業するよりも好条件で働けます。このメリットを最大限活かして働きましょう。
この記事で解決できなかった疑問や質問はぜひDIエージェントへお寄せください。熱意あふれるみなさんのこれからを応援しております!

監修:高橋 平
障害者雇用コンサルタント、キャリアアドバイザー。早稲田大学卒業後、(株)D&Iに入社。 障害者雇用ソリューション営業、転職キャリアアドバイザーと幅広い領域を担当。現在はHRソリューション事業部の副部長として、DIエージェントの責任者を務める。