管理職経験を活かして高年収を狙う!障害者枠の定年後キャリアとは|Kさん (60代男性/聴覚障害)のケース

人生100年時代。働かれる方はどなたでも定年退職後をも見据えたキャリア設計が必要となってきました。
今回の内定者速報は、定年後のセカンドキャリアとして「障害者枠でこれまでの経験を最大限活かし、働きがい溢れる一社と巡り合えた」Kさんのエピソードをご紹介します。マネジメント経験者ならではの転職の落とし穴とは!? ハイキャリア転職に強いキャリアアドバイザーが解説します。

Kさんのプロフィール

定年退職後の男性イメージ
  • 聴覚障害(人工内耳) 身体障害者手帳3級
  • 外資系企業から日系大手グループ会社などを経験
  • マーケティングのマネージャーや司法書士資格を活かした管理部門経験にてご活躍
  • 前職は定年のため退職
【ご転職先】
  • 2021年9月にご内定
  • 大手専門商社(東証一部上場)
  • 雇用形態:嘱託社員
  • 職種:管理部門 事務職
  • 年収:500万円以上(賞与あり)

Kさんは管理職経験やハイスキルな経験など多彩なご経験にくわえ、過去にはヘッドハンティングをされるなどお若い頃から定年退職に至るまで国内外、ビジネスの最前線で実力を発揮されてきた方でした。

転職エピソード:年収・年齢の条件を超えて「Kさんが欲しい!」と言う一社に

前職は定年退職をされましたが、「自分のスキルを活かしてまだまだ働き続けたい」との思いから、今回DIエージェントにご登録。

しかし、アシスタント業務やミドルスキルが中心となる障害者雇用転職市場では、Kさんのスキルに見合った仕事がすぐには見つかりませんでした。
一般枠と並行して転職活動を続けるも、ご年齢もネックとなり転職活動は長期化……。

それでもあきらめずにDIエージェントからは条件が少しでも合致する求人をご案内しつつ、Kさんのスキルを適正に評価し報酬をお支払いいただける最善の一社を探して参りました。

とある企業様より、事務系のポジションの募集が開始。企業の求める年齢上限を超えていましたが、DIエージェントが交渉し、応募→内定に至りました。

内定先の企業様では、障害者雇用枠では過去にない年収500万円以上でのオファーとなるなど異例ともいえる柔軟な対応をいただきました。


DIエージェントの完全無料キャリア相談に申し込むボタン

転職成功の決め手①「障害者枠なんて給料が低い」のイメージを払拭

管理職経験者が気を付けたい転職成功のポイント

一般枠での転職サービスもご利用されていたKさん。DIエージェントのご登録時には「障害者枠を見ていると、どうしても要望する仕事内容や年収に満たないものが多くて……」と懐疑的なイメージをお持ちでした。

私共としてもそのような障害者枠のネガティブイメージを払拭したいとの思いが強くありました。ですから、Kさんには市場観をお伝えしつつも、「一般枠でKさんのご経験を評価してくださる企業様にこちらからもアプローチしていきますのでご安心ください」とお伝えしました。

企業にも「障害者のKさん」ではなく、「まずはKさんのスキルを見てください。なかなかこのような優秀な方には巡り会えませんよ」というように売り込みをしました。

そのようにして、Kさんには前向きに転職に臨んでいただけるようにサポートをいたしました。

関連記事

この記事では、障害者枠で雇用された場合の時給や最低賃金、また一般的に「賃金が低いのでは?」と感じる理由を解説します。仕事を探す際の参考にしてみてください。 ※この記事は2020年7月28日に公開し、2021年10月8日に情報を更新しました[…]

障害者枠で雇用された場合の時給や最低賃金は?賃金が低いのでは?と感じる理由など解説

転職成功の決め手②管理職経験者ならではの落とし穴

DIエージェントでは、面談時に応募書類(履歴書・職務経歴書)をご提出いただきます。肩書を時系列に書かれたシンプルで見やすいものでしたが、キャリアアドバイザーからは通過率を上げるための添削アドバイスをいたしました。

Kさんに限らず、役職・年齢が上がるにつれ、相手が自分のことを知っているといった経験が増え、「相手にわかりやすく自分のことを知ってもらう機会」が少なくなります。
それゆえに、管理職経験者の応募書類・面接では「視座の高さゆえに、採用担当者・実務担当者レベルが知りたい業務の詳細を省略してしまう」「経歴が正しく伝わらない」といった状況に陥りがちです。

特に「しっかりお仕事を任されたい」というタイプであれば、なおさら、「何ができて、その経験を元にどんなことができそうか」は丁寧に説明していくべきでしょう。

Kさんは添削後から書類選考も順調に通過するようになり、無事ご内定へ。
これまでご経験のあった採用のお仕事にくわえ、司法書士資格も活かせそうな未経験の法務(審査)のお仕事も挑戦できることになりました。

60歳を超えても、まだまだ企業活動をバックから支える力強い戦力としてご活躍されることでしょう。

関連記事

ネットの情報を見ると「障害者雇用枠は年収が低い」「障害を持っていると年収アップを目指しにくいのでは?」という印象を持ちやすいかもしれません。ですが、ポイントをつかめば年収500万円を目指すことは十分可能です。 この記事では、年収500万円[…]

障害者雇用枠でも年収500万円は目指せる?平均給与・必要スキル・高年収を稼ぐコツも紹介

管理職経験を活かした求人開拓ならDIエージェントへ

DIエージェントでは、管理職経験やこれまでのキャリアを活かしたハイクラス求人へのご紹介、求人開拓に強みがございます。
「スキルを活かして実力を試したい!」「キャリアを広げていきたい」といったご相談は常時お待ちしております。

監修:高橋 平
障害者雇用コンサルタント、キャリアアドバイザー。早稲田大学卒業後、(株)D&Iに入社。 障害者雇用ソリューション営業、転職キャリアアドバイザーと幅広い領域を担当。現在はHRソリューション事業部の副部長として、DIエージェントの責任者を務める。

あなたに寄り添い、導く転職エージェントサービス
DIエージェント