軽度知的障害者に向いている仕事とは?仕事の探し方もわかりやすく解説

「軽度知的障害者はどんな仕事をしている?」「自分に向いている会社で長く働くには?」そんな疑問にDIエージェントがお答えします。向いていない仕事や自分にピッタリな仕事の探し方、困った時に頼れる相談先まで紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

知的障害とは?

知的障害とは知的発達における障害で、考える力・理解する力、ルールを守って生活を送る力などが必要とされる場面で困難を感じることがあります。多くは18歳までの間(発達期)に、発症・判明しますが、大人になってから知的障害に気づく人もいます。しかし大人になってから事故や病気で知的機能が低下した場合は「知的障害」には当てはまりません。

知的能力障害(ID: Intellectual Disability)は、医学領域の精神遅滞(MR: Mental Retardation)と同じものを指し、論理的思考、問題解決、計画、抽象的思考、判断、学校や経験での学習のように全般的な精神機能の支障によって特徴づけられる発達障害の一つです。 引用: e-ヘルスネット(厚生労働省)「知的障害(精神遅滞)」

障害者手帳の「療育手帳」を取得できると適切な支援・福祉サービスを受けられます。知的障害だけでなく発達障害の特性(特に自閉性障害)やてんかん発作をお持ちの方もいるでしょう。その場合、「精神障害者保健福祉手帳」が交付されることもあります。

関連記事

障害者手帳を申請しようか迷っているけれど、その実態について詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。 本記事では、障害者手帳の内容、対象疾患や等級、受けられるサービス、申請方法などを詳しく解説します。また、障害者雇用枠で就職をする[…]

障害者手帳の対象疾患・等級・受けられるサービスなどもわかりやすく解説
知的障害の程度別判定の導き方
厚生労働省『知的障害児(者)基礎調査:調査の結果』「程度別判定の導き方」より

知的障害の判断基準は知能テストの結果から分かった知能指数(IQ)やその他の検査結果の客観的な数値から判断します。これら数字はあくまで目安にすぎず,生活能力全般を見ながら判断されます

参考:内閣府『ユースアドバイザー養成プログラム「第3章 第2節 若者の抱える問題(コンプレックスニーズを持つ若者の理解のために)」』

軽度知的障害とは?

知的障害はIQと日常生活能力水準によって、「軽度(IQ50以上70以下),中等度(IQ35以上50未満),重度(IQ20以上35未満),最重度(IQ20未満)」に分けられます。 軽度知的障害の方の場合、IQは50~70程度の方が判定されることが多く、身の回りのことは一通りできます。十分に働くこともできますが、見た目ではわからない障害のため困ったことがあっても周りがそれに気づかず、つらい思いをすることもあるでしょう。上司や同僚から怒られるなど自信を失うような失敗経験が続き、うつ病や不安障害になってしまう恐れもあります(二次障害)。

軽度知的障害がある方に向いている仕事内容

知的障害をお持ちの方は清掃や軽作業などのくりかえしの仕事が得意なことが多い

軽度知的障害の場合、同じ「軽度」であっても個性、得意なこと・苦手なことは人それぞれです。
たとえば、変化が苦手な方は同じ作業を繰り返すような仕事内容のものや、人の入れ替わりやルール変更が少ない職場環境を選ぶとよいでしょう。

知的障害をお持ちの方はどのように働いているでしょうか? 厚生労働省が調査した「知的障害児(者)基礎調査」によれば最重度~中度の知的障害をお持ちの方は半分以上が作業所にて福祉的就労をしています。一方、軽度知的障害の方は約3割が作業所で働きますが、残り7割近くは一般企業などで働いています。
仕事内容は工場などで働く「製造業・加工業」やお店で接客や在庫管理をする「卸売・小売業」、オフィスや公共の場を掃除する「清掃業」などで比較的多くの方が働いています。

 
CA

一度覚えたことは繰り返すことによって身に着くので、ルーチンワークに向いています。 さらに正確に丁寧にと教えられたことを忠実に守る傾向があるのでその人の得意な分野においてはかなりクオリティの高いものができあがることもあります。

軽度知的障害がある方に向いていない仕事内容

コツコツとパソコン作業が得意な方もいれば、体を動かすような仕事が好きな方もいるように、軽度知的障害の方にとって向いていない仕事も個人差が大きくあります。

一例として、興味がない業務内容だとモチベーションを保つのが難しく、「飽きた」「やりたくない」と思って仕事を短い間で辞めてしまう恐れもあります。
また仕事の指示を理解するのにゆっくりとメモが取れる落ち着いた環境が向いているため、変化が激しく忙しすぎてメモを取る時間がないような職場は向いていないと感じるかもしれません。

 
CA

DIエージェントでは「こんな仕事は好きですか?」「どんな仕事が苦手だと思いますか?」などとお話を聞きながら、向いている仕事を一緒に探していきます。下のボタンをクリックしてご相談ください。


DIエージェントの完全無料キャリア相談に申し込むボタン

軽度知的障害がある方の働き方

軽度知的障害をお持ちの方の働き方をまずはデータから見てみましょう。令和2年の「障害者雇用状況」の集計結果によれば、知的障害をお持ちの方は13万4207人が雇われて働いています。

  • 雇用形態 正社員の割合19.8%
  • 平均賃金(月給) 11万7千円
  • 勤続年数 7年5ヶ月

引用:「平成30年度障害者雇用実態調査の結果を公表します
 
CA

こちらのデータは軽度~最重度までを含めた結果なので、できることによってより高いお給料を稼ぐことも可能です。

さらに軽度知的障害の方が検討したい3種類の働き方も見ていきましょう。

一般枠での就労

軽度知的障害の場合、障害の程度によっては「障害がある」と周囲に気付かれない方も多いでしょう。その場合、障害を周りの人に知らせずに会社などへ就職して働くパターンが考えられます。

一般就労のメリットは職種や待遇等の選択肢が多く、昇進や昇給の機会にも恵まれている傾向にあることです。 一方で、体調や得意・不得意への配慮はほとんど望めません。周りの人と同じような成果や作業スピードを求められます。

障害者雇用枠での就労

「療育手帳」など障害者手帳を持つ方が応募できる「障害者雇用枠」を利用して、障害や得意・不得意を伝えた上で働ける方法もあります。

職種(仕事の内容)が限定されたり、給料が一般枠と比べて低くなるデメリットもありますが、障害や得意・不得意に対する配慮が得られやすいのが特徴です。自分に合った働き方ができるので長く、安心して働けるでしょう

 
CA

疲れやすい特性がある人には「残業がない働き方」、仕事を教えてもらう時には「マニュアル通りにおこなえる仕事」など、知的障害をお持ちの方に合った仕事が用意されています。

福祉的就労

障害をお持ちの方が使える福祉制度の一つに「就労継続支援事業所で働く」といった働き方もあります。すぐに一般企業で働くことにハードルを感じる方や訓練を受けながら就職の準備をしたい人が、生活指導員や職業指導員といったプロの人からアドバイスをもらいながら実践的な仕事を通して成長できる場です。
A型とB型という2種類があり、働いた時間や仕事の成果によってお給料(工賃)がもらえます。

関連記事

障害者のための「就労移行支援」を知っていますか? 就職・仕事の復帰に向けた準備ができ、条件によっては無料で受けられるサービスです。今回は「就労移行支援」の制度や基礎知識についてやさしく解説していきます。 就労移行支援とは 就労移行支[…]

就労移行支援の解説記事TOP

軽度知的障害がある方の仕事の探し方

軽度知的障害の方がお仕事を探すとき、一人で自分に合った会社を見つけるのは大変です。おすすめの仕事の探し方や頼りになる相談先をご紹介していきます。

 
CA

不利な条件で働かされないように、サポートしてくれる味方をみつけると安心です!

ハローワークを利用する

国が運営する仕事探しの機関として「ハローワーク」があります。一般の人がお仕事を探せる窓口と、障害に詳しい人がいる障害者専門窓口もあるのが安心です。相談内容によっては主治医の診断書が必要な場合もあるので、利用する前には確認をしましょう。窓口で相談するだけでなく、面接対策などのイベントを実施していたり、ハローワークのサイト上から情報を得ることもできます。

 
CA

特に自分の家の近くの職場を探したい場合に「ハローワーク」はオススメです。

参考:ハローワークインターネットサービス「障害のある皆様へ」

障害者職業センターを利用する

障害者職業センターも障害と仕事をよく理解した職員がお仕事探しをサポートしてくれる機関です。各都道府県に設置され、ハローワークと連携して、障害や難病のある人の就職活動の手助けをおこないます。

障害者就業・生活支援センターを利用する

障害者就業・生活支援センターは障害のある人の就職活動や就職後の職場定着についての支援から生活全般の相談を受け付けています。全国にあり窓口で相談にのってもらえます。

 
CA

エージェントを利用する

エージェントは働きたい人の希望を聞いて、その希望を叶えられるような企業を探し、就職できるようにサポートをします。

「療育手帳」を持っていて障害をオープンにする場合は障害者枠専門のエージェントに相談するのがおすすめです。

たとえば障害者枠専門の「DIエージェント」では担当のキャリアアドバイザーが一人ひとりやさしく相談にのります。おすすめの会社を選ぶだけでなく「履歴書の文章をチェックしてほしい」「面接は緊張してしまうので練習相手になってほしい」といったお悩みにも答え、就職活動を全面的にサポートします。

 
CA

DIエージェントでは「軽度知的障害をお持ちの方が他にもたくさん働いている」「家から近くて働きやすい場所にある」「障害があっても自立して、キャリアアップしたい人を応援する」企業などを紹介しています。ご相談はこちらから。

DIエージェントが軽度知的障害の方におすすめする働き方

これまで多くの知的障害をお持ちの方の就職・転職を支援してきたDIエージェントでは、どのようなアドバイスをするのでしょうか? オススメの働き方や企業選びをお伝えします。

特例子会社で働く

特例子会社とは障害をお持ちの方が働くために作られた会社です。
知的障害への理解を得やすく、決められたスケジュールの仕事が中心なので「働きやすい」と感じられる方が多いです。

 
CA

現在採用をしている特例子会社を探すにはこちらをクリック。

関連記事

障害をお持ちの方が働ける「特例子会社」を知っていますか? 大企業の子会社も多く安定して長く働けるなどのメリットも多い一方、「合わない」と感じる方も一定数いる実態もあります。 この記事では特例子会社で働くための基本的な知識からリアルな給料[…]

障害者枠就労の選択肢に!特例子会社とは

軽作業や清掃、農園

決められた仕事を決められた手順でおこなう軽作業や清掃も人気の職種です。働きやすさだけでなく、特に清掃はチームで進める企業も多く、チームメンバーと協力しながら進めることにやりがいを感じる方も多いです。最近は農園で野菜を育てる仕事も少しずつ増えてきました。

 
CA

将来的に幅広い仕事を任されるようになりたいならオフィスで働くお仕事がオススメです!

高収入や採用実績から選ぶ障害者雇用枠専門の求人サイトBABナビの入口

軽度知的障害がある方の仕事でのよくある困りごとと対処法

障害のある当事者からのメッセージ(知ってほしいこと)」の集計結果によれば、知的障害をお持ちの方は以下のようなことに困っているという声があります。

2) 障害別事項

  •  1 抽象的な概念が理解しにくい。81.6%
  •  2 自分の意思を表現したり、質問したりすることが苦手。79.6%
  •  3 理解したり判断することが苦手。77.6%
  •  4 知的障害者は何もできない人ではなく、的確なサポートがないためにできないでいるだけ。73.5%
  •  5 数の概念が難しい。59.2%
  •  6 漢字の読み書きが苦手な者が多い。49.0%

より具体的にどのような仕事の場面で困りやすいか、その場合の解決策をセットで考えてみましょう。

参考:全国手をつなぐ育成会連合会「あなたも今日からサポーター 知ってほしい知的障害」

仕事がなかなか覚えられない

一つは仕事を覚えるスピードが他の人より時間がかかってしまうことが挙げられます。そんな時は覚え方を工夫してみましょう。たとえばメモして机に貼ったり、絵や写真にして理解するなどです。一気に指示を受けると混乱してしまうこともあるので、少しずつできることを増やしていきましょう。

 
CA

職場には「ゆっくりメモをとる時間をください」などとお願いしてみましょう。

報告・連絡・相談ができない

「報告・連絡・相談」の頭文字をとって「ホウ・レン・ソウ」と言います。これは仕事を進める上でとても大切なことです。
課題の解決方法を自ら考えることが難しい、なぜ怒られているのかわからなくて困る・悩むということが多いのが知的障害の特徴です。
工夫できることとしては「毎日日誌をつける」、「仕事の進み具合を定期的に様子を見てもらうようお願いをする」などが挙げられます。

 
CA

困った時に相談ができない、相談の仕方がわからないという方が多い印象です。失敗経験から「怒られるのが怖くて相談できない」という方もいますね。知的障害に理解があり、優しい社員が多い会社を選べると解決できそうです。

スケジュールの管理が難しい

先のことを見越して、スケジュールを組んだり優先順位をつけたりするのが難しく感じる方もいるかもしれません。

配慮として職場の先輩には「スケジュールを紙にかいてもらう」、「いつまでに終わらせればよいか具体的な時間を伝えてもらう」などをお願いできると良いでしょう。

 
CA

タイマーを使って時間管理をするのも良い工夫ですね。

入職してからミスマッチに気がつく

軽度知的障害の方にとって最も悲しいことは「せっかく就職できたのに合わなかった」「やりたいことと違った」「特性的に向かなかったなど」となってしまうこと、つまりミスマッチです。

ミスマッチを回避するためには、入社前に就職する会社のことをしっかり調べるのが重要です。
特に「知的障害に理解がある」「知的障害といっても一括りにせず一人ひとりに応じた配慮をしてくれる会社」がよいでしょう。

長く働くことを第一とした場合、障害をオープンにした働き方をオススメします。
スキルによっては仕事の幅も限られませんし、給料も上がっていく職場もあります。さらに周りからのフォローも受けやすくなります。

 
CA

DIエージェントは丁寧に「向いていること、好きなこと」「向いていないこと、嫌いなこと」をしっかり聞いた上で、プロの目線でみなさんにピッタリな企業を選びます。


DIエージェントで在宅ワークを紹介してもらう申し込みボタン

軽度知的障害の方が働くポイントまとめ

「仕事が合わなくてすぐ辞める」といった状態が続いている方は、一度自分の「できること」「できないこと」「やりたいこと」「やりたくないこと」を整理してみてください。

知的にハンディがあっても、できることを増やして、グループのリーダーとしてメンバーをまとめるようなキャリアアップを叶えている方もいらっしゃいました!

DIエージェントではご家族も一緒にご相談にのることも可能です。今よりももっと自分らしく楽しく働きたいという方はぜひ一度DIエージェントのキャリアアドバイザーとお話しましょう。ご登録おまちしております!

あなたに寄り添い、導く転職エージェントサービス
DIエージェント