手を使わなくてもできる仕事とは?上肢障害を抱える方の仕事選びのコツ

上肢障害とは肢体不自由に含まれる身体障害です。 度合いによっては日常生活に限らず、仕事においても障害が理由で困難が生じる場合があります。

上肢障害は指から肩までの範囲で、動きづらさや麻痺、継続的な痛みなど、さまざまな障害が発生するため、手を使うシーンで抱える悩みも個人差が大きく、職場で感じる不便も多様です。

そこで、今回は、上肢障害の方が抱えることが多い悩みや、手を使わない仕事でオススメの職種・働き方など仕事選びのポイント、実際に就職・転職活動を進める方法について解説します。

障害の特性に合った業務に従事することや、理解と配慮のある環境で働くことは、安定して長く仕事を続けていくためにはとても大切です。

合わない職場環境で働くことによって、障害が悪化したり、別の病気を発症してしまったりする例も少なくありません。

そうならない様、今後の働き方を考える参考として、ご自身の状況と照らし合わせながらお読みいただけると幸いです。

手が自由に使えない上肢障害とは?

手が自由に使えない上肢障害とは?

手に障害を持つ上肢障害は、肢体不自由の一種であり、身体障害の一部として分類されます。この障害は腕や手に永続性の機能障害があることを指します。

日常生活を送るにあたって、手や腕の動きに困難を生じさせる上肢障害の原因は、脳の運動中枢・運動神経・筋肉・骨・関節における外傷や疾患・欠損・変形など、多岐に渡ります。

障害の程度も個人によって異なり、肩や肘は動かせないが手首から先は動かせる場合や、逆に手首から先が動かせない、または腕全体が動かせないケースもあります。そして、上肢障害は先天性のものと後天性のものが存在し、これらの違いにより、障害のある方が仕事で抱える悩みも多様になりがちです。

障害のある方にとって、仕事を探す際には多くの考慮が必要となります。特に、手を使わない仕事を探す場合、どのような職種が適しているのか、どのような支援が受けられるのかを知ることは非常に重要です。

DIエージェントの完全無料キャリア相談に申し込むボタン

手が不自由だと生じる仕事への影響とは?

手が不自由だと生じる仕事への影響とは?

上肢障害は部位や程度、障害の内容によって、不向きな業務やできない業務が生じることがあります。

例えば、片手に障害がある場合、両手を使う必要がある作業は困難でしょう。このような作業には、大きなものを持ち上げたり、梱包や組み立て、両手を同時に使う操作がある種類のオペレーター作業などが含まれます。

また、指に障害がある場合、指先を使う細かい作業は難しいことがあります。これには、書き取り、タイピング、または小さな部品の組み立てや操作などが挙げられます。さらに、両手で持たなければいけない、大きく重い荷物を運ぶことも困難になる可能性があります。

ファイリングや書類の整理、そして他の手を頻繁に使う作業は、手に障害を持つ人にとっては時間と手間がかかる場合があります。

さらに、障害の状態によっては、PC操作やその他の事務作業に影響が出ることも考えられます。キーボードやマウスの操作は、特に上肢や手に重度の障害を持つ人にとっては難しいでしょう。

ドアの開け閉めが頻繁な業務も、手に障害があると辛いことのひとつです。物流、配達、または施設管理などの職種で顕著になるほか、職場の構造など環境によっても感じることが多いでしょう。

 
キャリアアドバイザー
手が不自由だと、仕事にはさまざまな影響が出ます。障害の状態によっては、今までできていた仕事が難しくなることもありますが、経験を元に継続できる場合もあります。影響を踏まえた上で、できることとできないことを切り分け、できることを伸ばしていきましょう。

手が自由に使えない人が職場で感じる不便や悩みとは

手が自由に使えない人が職場で感じる不便や悩みとは

障害によっては、日常的には不便だが、リハビリによって工夫しているため、周りに不自由が伝わらないことがあります。小さな不便や悩みを積み重ねているうちに、仕事のストレスが大きくなってしまうケースも少なくありません。

実際によくある不便や悩みの例を見てみましょう。

目視しにくい障害だと理解を得にくい

麻痺や関節の不自由、継続的な痛みなど、パッと見たときにわかりにくい障害の場合、周囲の理解を得にくいものです。

そのため、合理的配慮によって物の移動や運搬などの仕事からはずされていることを、ズルいと言われるトラブルは悲しいことに珍しくありません。

力が入りにくいなどの障害は特に伝わりづらく、周囲の不理解でストレスをためてしまうケースも多々あります。

ドアの開け閉めの負担が辛い

バックヤードとの間を隔てる扉や、倉庫の扉など、大きく重い扉を頻繁に開け閉めすることに辛さを感じることは、上肢障害を持つ方に多い悩みです。

普通のドアでも、障害によっては小まめな開け閉めが負担になることがあります。また、材料や工具、在庫などを保管している引き出しの開け閉めも、頻度が多いと負担になることは多いでしょう。

業務のための構造上、バリアフリー対応が難しい環境が負担になることは多くあります。

キャリアや異動に制限を感じ、申し出にくい

手の不自由によっては、できない業務があり、キャリアを諦めなければいけないことがあります。

職場内でキャリアプランを相談しにくく、できる仕事の範囲が限られているようで息苦しいと感じる人も少なくありません。

周りの気遣いや配慮に肩身の狭さを感じる

合理的配慮とはいえ、周囲の助けを借りるときに、人の仕事を中断させてサポートして貰うことに、申し訳なさを感じてしまうという人も多くいます。

また、あまりにも気を遣われすぎて、逆に配慮されすぎている状況に肩身が狭くなってしまうということもあります。

手に不自由な人が職場を選ぶときに気を付けたいポイント

手に不自由な人が職場を選ぶときに気を付けたいポイント

社内のバリアフリー対応が徹底していることや、障害への理解があり、合理的配慮が社内の風土として根付いていることが大切です。

サポートを求めやすい環境や、社内に障害を受け入れる雰囲気が作られている文化があると、お互いに円満に就労できます。障害の有無に限らず、さまざまな立場の人の働き方に対応した制度があると、なおよいでしょう。

フルリモートでの勤務に対応しているなど、職場に縛られない働き方に対応していることも考慮するべきポイントのひとつです。

 
キャリアアドバイザー
合理的配慮は、入社前に依頼するだけでなく、就労後のすり合わせも大切です。実際に仕事を始めてみたら、思っていた以上に手に負担が掛かって辛いということもあれば、もう少しならできそうと感じることもあるでしょう。できるだけ小まめに周りに相談し、すり合わせていきましょう。

手を使わない仕事にはどんなものがある?おすすめの仕事を紹介

手を使わない仕事にはどんなものがある?おすすめの仕事を紹介

基本的に口頭での対応ができるものや、音声入力、AIツールなどを活用できる仕事がおすすめです。

今まで入力があるので難しいと言われていた仕事も、この数年で音声入力が高性能になり、タイピングの必要がなくなっていることも多くなりました。

とはいえ職場によって導入されているツールやソフト、システムなどの環境が異なるので、入社前にしっかりとすり合わせが必要です。

コールセンター

コールセンターは口頭でのやり取りが中心になるので、手が不自由でも仕事がしやすい業務のひとつと言えるでしょう。

コールセンターのツールの発達はめざましく、最近では基本的に声のやり取りと簡単なクリックだけで勤務が可能なシステムが増え、次々と導入されているので、手をほとんど使わずに仕事ができます。

特に電話を受ける業務が中心のコールセンターでは、顧客情報が自動的に画面に表示されるシステムが増え、自分でデータを入力して探す必要もありません。

対応後のレポートも、以前はタイピングしていましたが、最近のコールセンターシステムでは、AIが通話音声を自動で文字起こしする機能が普及しているため、自分で打つ必要はほとんどありません。

参考元
NTTコム チェオ:人工知能(AI)活用でコールセンターが変わる?システムの導入事例と選び方
MiiTel:機能早見表
デロイトトーマツ:AI活用による次世代コンタクトセンターの構築

ライター

ライターは執筆のために手を使うように思われますが、AIの普及で音声による文字入力ツールが発達し、さまざまなソフトに実装されたため、手を使わないライティングも可能になりました。

音声で入力した内容を修正する程度の簡単なキーボード操作ができれば、実際にライターとして活躍している人も珍しくありません。

窓口対応・事務

口頭での対応が中心になる店舗の窓口対応なども、あまり手を使わない仕事のひとつです。事務でも、頻繁に手を使わなくて済む仕事が多いので、障害と業務の内容によっては十分可能でしょう。

IT系エンジニア

IT系の開発ツールはもともと入力支援が多く、自分でキーボードを通じて打ち込む量は少ないことに加え、AIによる音声入力の発達でエンジニアにも上肢障害のある方が増えています。実際に音声入力だけでプログラミングをする人も存在します。

マウスやキーボードを多少操作できるのであれば、エンジニアという選択肢もあります。

参考元
Microsoft:コード エディターを使用方法について学習する
障害者雇用リファレンスサービス:肢体不自由者のシステムエンジニア職における合理的配慮事例

過去に経験がある業務

途中で障害を負った場合、以前経験がある業務の一部や、ある程度の範囲を配慮を受けながら担当することも、状況によっては可能です。

元の職場に相談したり、転職先を選ぶ際に職歴を相談してみましょう。

完全在宅勤務の仕事

データ入力をはじめとする、さまざまな仕事があります。テレワークの仕事で自分のペースでできれば、事務や経理なども難しくはありません。

自宅で仕事ができるか否かは、職場選びだけでなく、職種を選ぶときにも大切なポイントといえるでしょう。

上肢障害の人が手を使わない仕事を探す方法

上肢障害の人が手を使わない仕事を探す方法

合理的配慮を得られ、手や腕に負担のかからない仕事を探すには、行政の障害者支援サービスや転職エージェントの利用がおすすめです。

注意したい点として、各支援やサービスはそれぞれに運用者や支援内容が異なるため、自分の状況に合ったものを吟味して選ぶことが大切です。

また、行政の求人紹介は公開求人になりますが、一方で転職エージェントは非公開求人も紹介しています。特定の職種や業種を目指す際には、行政の支援と転職エージェントを併用することで、合理的配慮が受けられる職場を効果的に探せます。

障害に理解のある職場を見つけるために、それぞれの支援やサービスの内容を詳しく見ていきましょう。

 
キャリアアドバイザー
上肢障害は度合いや状況によって、できる仕事が大きく異なります。行政サービスの支援を受けながら、転職エージェントを利用してキャリアカウンセリングを受け、自分のキャリアプランを考えながら転職するのがおすすめです。

就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は、仕事に必要な技術の習得や書類作成、面接対策などをサポートする機関で、就労移行支援の制度を利用する方に向けての支援を提供しています。

就労移行支援事業所は求人紹介サービスではありませんが、一部の事業所では他の事業と連携し、求人紹介までサポートすることもあります。

基本的には24カ月で支援が終了しますが、正当な理由が認められた場合、3年目以降も利用を延長することが可能です。

地域障害者職業センター

地域障害者職業センターは、ハローワークと連携して運営される、障害者雇用促進法に基づいて設置された支援機関で、障害を持つ方々が働く上で必要な準備とサポートを提供する目的で設立されています。

障害を持つ方々が職業的スキルや知識を磨くことができる職業準備支援の提供のほか、ジョブコーチによる個別の支援で、職場での成功に向けた具体的なアドバイスや指導を受けることができます。

障害者就業・生活支援センター

障害者就業・生活支援センターは、障害を持つ方の仕事と日常生活の両方をサポートする目的で設立された機関です。障害者の方々が仕事と生活のバランスを見つけ、自立した生活を営むことができるよう全面的な支援を行っています。

就業に関する相談やアドバイスを提供し、関係機関との連絡や調整をするほか、仕事をする中で感じる日常生活の問題への助言やサポートも提供しています。

ハローワーク

ハローワークは公共職業安定所の通称で、障害者向けの窓口が設けられています。窓口では専門スタッフへの相談が可能で、職業指導を受けたり、障害者雇用枠への応募をすることができます。

さらに、職業訓練の紹介も受けられ、就労に向けて必要なスキルを身につける支援を得ることができます。

障害者の就労に実績のある転職エージェント

障害者の就労に実績のある転職エージェントは、求職者一人ひとりに担当者がつき、面談や手続きの仲介を行います。

また、キャリアアドバイザーが障害の特性や希望条件を理解し、転職のプロセスを全面的にサポートします。書類の添削、模擬面接の実施、キャリアカウンセリングといった対策が受けられるので、書類選考や面接でもスムーズに対応できるようになります。

さらに、入社後もアフターフォローが受けられ、新しい職場での定着を支援してくれます。

DIエージェントの完全無料キャリア相談に申し込むボタン

手を使わない仕事を探すには、一人ではなく支援員やエージェントと協力するのがおすすめ

手を使わない仕事を探すには、一人ではなく支援員やエージェントと協力するのがおすすめ

手の不自由や痛み、障害の度合いは人それぞれで、職場の悩みは多種多様です。外から見てわかりにくいために理解を受けられないこともあれば、過剰な気遣いに対して引け目を感じてしまうストレスもあります。

また、入社前に伝えておいても、実際に仕事が始まってみると異なる問題が出てくることもあります。キャリアプランに対する悩みや、職場で感じる不便など、さまざまなトラブルを抱えると、辛くなってしまいます。

最近ではフルリモートで完全在宅勤務に対応している職場も増えました。職場選びのひとつの選択として、在宅でできる仕事を選ぶというのもおすすめです。

障害を抱えながら働く上では、 障害の特性に合った業務に従事することや、障害に理解や配慮のある環境で働くことが大切です。今の職場を続けていくことに負担・不安を感じている方や、これから障害に合った仕事で就職を目指している方は、ぜひ一度DIエージェントにご相談ください。

DIエージェントは、「障害をお持ちの方一人ひとりが自分らしく働ける社会をつくる」ために、障害者枠で就職・転職を検討されている方に対して就職・転職についてのアドバイスや、ご希望に沿った障害者枠の求人紹介を行っております。

専任のキャリアアドバイザーが丁寧にヒアリングし、お一人おひとりに寄り添った働き方を提案させていただきます。

「今の自分に無理のない働き方をしたい」「理解のある環境で働きたい」というご希望がありましたら、まだ転職は検討段階という状態でも構いませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

▼関連記事
・障害者採用枠で働くことについて、メリット・デメリットを解説しています。これから就職・転職を検討されている方はぜひご一読ください。

障害者採用とは?一般採用との違いやメリット・デメリット、企業選びのポイントをわかりやすく解説!

・「就職・転職活動は検討しているけど、エージェントって何?」という方に向けて、エージェントの特徴や利用方法について解説しています。

障害者枠では転職エージェントを利用すべき?メリット・注意点を含め解説!

監修:井村 英里
社会福祉士。福祉系大学を卒業し、大手小売店にて障害者雇用のマネジメント業務に携わる。その後経験を活かし(株)D&Iに入社。キャリアアドバイザーを務めたのち、就労移行支援事業所「ワークイズ」にて職業指導・生活支援をおこなう。